生き抜くために必要なスキルをつける!

生き抜くために必要なスキルをつける!

フリーランスが長く活躍し続けるために必要なスキルを制覇しよう!

「スキル」って何だろう?

サラリーマンからフリーランスになるということは、いわゆるひとつの「スキル」を駆使して働くことを意味するわけです。フリーランスにとってのスキルを簡単に表現するならば「手に職」です。プログラマならプログラミングがスキルですよね。顧客が対価を支払って買うのは何なのかを考えてみれば、自分のスキルが何なのかがハッキリします。あとよく見かけるのが「スキルセット」という言葉です。システムエンジニアのスキルセットは、顧客へのヒアリングから詳細設計までに必要な「上流工程をまとめ上げるスキル」がスキルセット。ヒアリングのスキルはあっても設計のことは全くわからないようだと、システムエンジニアの仕事になりませんよね。こういう場合にスキルセットが必要ということになるわけです。スキルはひとつよりも複数あったほうが仕事は増えます。あまりにも広く浅くだと逆に戦力外になってしまいますが、そこそこのスキルをいくつも持っているとなると、たちまちレア人材として重宝されるようになりますよ。

フリーランスに必須のスキル

フリーランスになると、自分と仕事をつないでくれる存在がなくなるので、仕事を取るために自分から行動しなければなりません。仕事を請け負ったら今度はそれを契約通りに実行しなければなりません。そのために大切なのが「管理」に関するスキルです。時間の管理と自分自身の管理、仕事量の管理やお金の管理など、ありとあらゆるものを管理するためには、場当たり的なやり方ではなく計画的なやり方が必要です!

自分をしっかりと持つことが重要

目の前にある仕事を請け負うのか断るのか、それとももう少し交渉を詰めていくのかなど、フリーランスになると毎日が決断の連続です。優柔不断な態度は信頼を損ねてしまうだけなので、よく考えつつもスパッと決断しなければなりません。正しい決断をするためには、的確な判断力も必要ですよね。「判断力」と「決断力」はスキルセットとして併せ持っておきたいところです。次に重要なのが「行動力」です。じっとしていても仕事はこないので、何をするにも自分から行動するしかありません。頭で考えていても答えの出なかったようなことが、一歩踏み出すだけでどうすればいいかわかることもありますよ。最後は「コミュニケーション力」です。とはいっても、高度なコミュニケーション力ではなく、基本的なコミュニケーション力です。高度なコミュニケーション力があればそれはそれで有利ですが、そこまでのものである必要はないのでご安心を。言葉遣いやレスポンスのタイミングなど、対応に丁寧さがあると顧客に好感を持ってもらうことができますよ。

あわせて読みたい!

  • 話題のクラウドソーシング!

    クラウドソーシングは、インターネットを使っていつでもどこでも仕事を受注できるサービスです。受注形式は、「プロジェクト形式」「タスク形式」「コンペ形式」の3つがあります。クラウドソーシングでまとまった金額を稼ぐためには、プロジェクト形式の案件に慣れる必要があります。実績を重ねていくうちに、高単価の案件を請け負うことができるようになるでしょう。顧客からの信頼を得るためには、成果物のクオリティと誠実な対応が欠かせません。

  • 生き抜くために必要なスキルをつける!

    フリーランスの世界で生き抜くためには、確かなスキルが必要です。スキルがひとつあればフリーランスになることは可能です。複数のスキルを併せ持っているならば、仕事の幅を大きく広げることもできるでしょう。何かと決断の機会が多いフリーランスは、「判断力」と「決断力」のスキルセットや「行動力」「コミュニケーション力」なども必要です。コミュニケーション力については、社会人としての最低限のコミュニケーション力があれば大丈夫です。

  • フリーランスのメリットって?

    フリーランスになるメリットにはいろいろなものがあります。中でも一番の魅力は収入が増えるということです。フリーランスになれば誰でも収入アップできるというわけではないにせよ、自分の努力と能力次第でどこまでも可能性が伸びるというのはサラリーマンにはないことです。フリーランスの世界は周囲が思っているよりは厳しい世界ですが、厳しい世界であるからこそ学べることがたくさんあります。そうして自分自身の本当の力を思い知ることで、もっと成長することができるでしょう。