話題のクラウドソーシング!

話題のクラウドソーシング!

クラウドソーシングでサラリーマンからフリーランスに華麗なる転身!

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、フリーランスがインターネットで仕事を探せるシステムのこと。受注から納品まではもちろん、報酬の支払いに至るまで顧客とのやりとりは全てシステム上で完結できてしまうんです。クラウドソーシングで顧客から信頼を勝ち取る方法は、「誠意ある対応」に尽きます。求められていることにしっかり応えるのはもちろんとして、納期を守ることや報告・連絡・相談をきっちり行うなど、社会人としてのマナーを守ることが高い評価と継続依頼につながります。

クラウドソーシングの受注形式は3つ

サラリーマン生活をしていた人は、クラウドソーシングと聞いてもピンとこないかもしれません。そこで、クラウドソーシングの受注形式を簡単に説明します。システム上で仕事を受注する方法は「プロジェクト形式」「タスク形式」「コンペ形式」の3つです。
プロジェクト形式では、募集されている案件にフリーランスが応募します。簡単なプロフィールや実績、スキル、希望報酬額や納期などを提案し、選ばれた人が話を先へと進めることができます。1案件いくらの「固定報酬制」と時給いくらの「時間単価制」とがあって、エンジニアやデザイナー、ライター案件を中心にした仕事のバリエーションも豊富です。
タスク形式は、提案なしでいきなり作業に入る受注形式です。打ち合わせなどのやりとりも一切不要で、制限時間以内に簡単なアンケートに答えたりライティングをしたりすればいいだけの簡単な方法です。ハイレベルなスキルが要求されるような案件はタスク形式にはなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎに向いていますよ。
コンペ形式は、条件に沿ってフリーランスが提案した成果物の中から顧客が選ぶ方法です。バナー作成やロゴ作成、キャッチコピーやネーミングなどの案件が中心です。

Bizseekで手数料を節約!

企業とワーカーを結びつける新時代のサービスとして注目され、官公庁や大手企業の利用も始まっています。

参照元>>ビズシーク

クラウドソーシングでの実績がないうちは高単価の案件に手が届かないので、最初は簡単な案件から地道に実績を伸ばしていきましょう。おすすめなのがのBizseek(ビズシーク)です。

グローバル派はWorkshift

サービスの特徴は、国内のみならず海外のフリーランスが多く在籍していること、最初からチームで仕事が請けられるサービスを提供していること、サイト内を外国語対応し、新しい働き方を提案していること、です。

参照元>>ワークシフト

日本最大級の外国人登録者というちょっと変わった角度を持っているのが、Workshift(ワークシフト)です。Workshiftの顧客が求めているのはグローバル人材。一般的なクラウドソーシングでは見かけないような珍しい案件がザクザク見つかりますよ。

あわせて読みたい!

  • 話題のクラウドソーシング!

    クラウドソーシングは、インターネットを使っていつでもどこでも仕事を受注できるサービスです。受注形式は、「プロジェクト形式」「タスク形式」「コンペ形式」の3つがあります。クラウドソーシングでまとまった金額を稼ぐためには、プロジェクト形式の案件に慣れる必要があります。実績を重ねていくうちに、高単価の案件を請け負うことができるようになるでしょう。顧客からの信頼を得るためには、成果物のクオリティと誠実な対応が欠かせません。

  • 生き抜くために必要なスキルをつける!

    フリーランスの世界で生き抜くためには、確かなスキルが必要です。スキルがひとつあればフリーランスになることは可能です。複数のスキルを併せ持っているならば、仕事の幅を大きく広げることもできるでしょう。何かと決断の機会が多いフリーランスは、「判断力」と「決断力」のスキルセットや「行動力」「コミュニケーション力」なども必要です。コミュニケーション力については、社会人としての最低限のコミュニケーション力があれば大丈夫です。

  • フリーランスのメリットって?

    フリーランスになるメリットにはいろいろなものがあります。中でも一番の魅力は収入が増えるということです。フリーランスになれば誰でも収入アップできるというわけではないにせよ、自分の努力と能力次第でどこまでも可能性が伸びるというのはサラリーマンにはないことです。フリーランスの世界は周囲が思っているよりは厳しい世界ですが、厳しい世界であるからこそ学べることがたくさんあります。そうして自分自身の本当の力を思い知ることで、もっと成長することができるでしょう。