フリーランスの仕事の取り方って?

フリーランスの仕事の取り方って?

サラリーマンとフリーランスでは、仕事の取り方が違います。自分の役割がそれぞれあるサラリーマンは、営業担当者でもない限り直接仕事を取ることはまずありません。そこで知っておきたいのが、ブログとクラウドソーシングとエージェントの3つです。ブログを活用するために最も大切なのは「続けること」です。実績ゼロの状況ならば、クラウドソーシングでさまざまな案件にトライしてみましょう。エージェントを活用すれば、収入を安定させることも可能になります。

フリーランスの仕事の取り方って?の記事一覧

  • 話題のクラウドソーシング!

    クラウドソーシングは、インターネット上で案件の受注から報酬の受け取りまでの全てを完結できるシステムです。案件の受注形式には、「プロジェクト形式」「タスク形式」「コンペ形式」の3つがあります。高単価の案件を受注するなら、プロジェクト形式の仕事にどんどんチャレンジしましょう。クラウドソーシング各社にそれぞれの特徴があります。まずはいくつかのクラウドソーシングに登録して、使い比べてみることをおすすめします。

    話題のクラウドソーシング!
  • 安定のエージェント!

    エージェントを活用すると、不安定といわれるフリーランスの生活を限りなく安定に近づけることが可能になります。エージェントに営業を任せておけば、自分の時間にゆとりを持てるようにもなるでしょう。デメリットとしては手数料のことがありますが、個人では手にできないような高単価案件なら手数料をかける価値は十分にあります。ここでは、フリーランスにおすすめのエージェントとして「レバテックフリーランス」と「PROsheet」をご紹介します。

    安定のエージェント!
  • フリーランスのブログ活用術!

    フリーランスが仕事を取る方法としてよく使われているのがブログです。無料ブログを使えばコストをかけずに情報を発信できます。有料でも年間10,000円以内でできてしまいます。記事の作成には時間がかかるので、1日1記事を目安にはじめてみましょう。多くのフリーランスのブログが失敗するのは、コツコツと続けていないからです。一気にのめり込んで息切れしてしまうよりも、1~2年後を見据えて無理のない範囲でコツコツ続けることが大切です。

    フリーランスのブログ活用術!

あわせて読みたい!

  • 話題のクラウドソーシング!

    クラウドソーシングは、インターネットを使っていつでもどこでも仕事を受注できるサービスです。受注形式は、「プロジェクト形式」「タスク形式」「コンペ形式」の3つがあります。クラウドソーシングでまとまった金額を稼ぐためには、プロジェクト形式の案件に慣れる必要があります。実績を重ねていくうちに、高単価の案件を請け負うことができるようになるでしょう。顧客からの信頼を得るためには、成果物のクオリティと誠実な対応が欠かせません。

  • 生き抜くために必要なスキルをつける!

    フリーランスの世界で生き抜くためには、確かなスキルが必要です。スキルがひとつあればフリーランスになることは可能です。複数のスキルを併せ持っているならば、仕事の幅を大きく広げることもできるでしょう。何かと決断の機会が多いフリーランスは、「判断力」と「決断力」のスキルセットや「行動力」「コミュニケーション力」なども必要です。コミュニケーション力については、社会人としての最低限のコミュニケーション力があれば大丈夫です。

  • フリーランスのメリットって?

    フリーランスになるメリットにはいろいろなものがあります。中でも一番の魅力は収入が増えるということです。フリーランスになれば誰でも収入アップできるというわけではないにせよ、自分の努力と能力次第でどこまでも可能性が伸びるというのはサラリーマンにはないことです。フリーランスの世界は周囲が思っているよりは厳しい世界ですが、厳しい世界であるからこそ学べることがたくさんあります。そうして自分自身の本当の力を思い知ることで、もっと成長することができるでしょう。